Collaborossaトップページへ NRI 株式会社野村総合研究所
  • TOP
  • 主な機能

システム開発マネジメントのための機能を統合的に提供し
プロジェクトの遂行をサポート

プロジェクトマネジメント手法の事実上の標準として、世界的に普及しているPMBOKガイドの知識体系をベースに、それぞれのマネジメント領域において最適な機能を総合的に提供しています。




立ち上げ設定

Collaborossaでは、全プロジェクト共通で管理する「プロジェクト共通の管理情報」と、プロジェクト毎に自由に設定する「プロジェクト毎の管理情報」の、2つの管理情報を設定することが可能です。組織のプロジェクト管理標準をセットすることで、プロジェクトマネージャーは、プロジェクト共通の管理情報が設定された状態でツールを利用開始可能になります。また、必要に応じて自プロジェクトの固有の管理情報をセットすることも可能です。



成果物管理機能

大規模で中長期のウォータフォール型開発には、工程、タスク、成果物を明確に定義し、成果物単位でプロセス(計画・実行・コントロール)を実施する成果物主体のマネジメント手法が適しています。Collaborossaはプロジェクト工程において作成すべき成果物名、作成担当者等の情報を管理できます。



進捗管理機能

プロジェクトの全体、工程単位、成果物単位のタスクおよびスケジュール・進捗を1つの画面で管理/確認することができます。リストやグラフ形式で確認できるため、タスクの遅れを直観的に把握できるほか、具体的に遅延している成果物を容易に特定することが可能です。



議事録管理機能

成果物の品質を向上させるために、レビュー会議の情報(日時、レビュー時間、指摘事項、レビュー対象成果物等)を管理できます。会議のレビュー時間や、指摘をレビュー管理機能と連携し管理することで、即座にレビューの品質を把握できます。



レビュー管理機能

成果物に対するレビュー指摘事項やそのステータスを管理します。見たいレビュー品質管理指標を選択するだけで、即座にレビュー品質状況を表示できます。得られた結果(指標値)は次のプロジェクトへの目標値としてフィードバックが可能です。



障害管理機能

テストケースに対する障害(バグ)情報やそのステータスを管理します。 見たいテスト品質管理指標を選択するだけで、即座にテスト品質状況を表示します。得られた結果(指標値)を次のプロジェクトへの目標値としてフィードバックできます。



テーマ管理機能

計画時に立てた開発プロセス(工程順序、承認者等)通りにシステム開発業務が運営され、承認されているか管理します。また、工程内で定めた成果物が計画通りに作成され、承認されているか管理します。
ページのトップへ
お問い合わせは、お気軽に